水玉屋

気の狂った腐女子が自分語りしたり解釈吐いたりします。

⑧芹沢ルートの結論

さて、「薄桜鬼」といえばメインルートは土方ルート。それに相応しい長さ、質、そして仕掛けを持っていることは本編をやった方ならご存知のことと思いますが、私はシリーズではなく「黎明録」というタイトルに限って述べるのであれば、メインルートはこの芹…

⑦土方ルートの時間

ファンの間での通称は山崎ルート、ですが個人的にはそうは思いません。 黎明録というのは、誰かの生き方を通して龍之介が自分自身を見つめなおす話です。その点で言えばこの土方ルートも(ガイドとして同じように土方を見つめる山崎がとなりにたちますが)や…

⑥沖田ルートの対称

平助と龍之介がワンコンビだとすればこちらはワンニャンコンビ。 ひねくれ者の龍之介と同じくひねくれ者の沖田、ひねくれ者同士うまくいく、なんて都合のいい話はありません。 いじめっ子気質の気まぐれ屋さんな沖田となんだかんだ言って生真面目な龍之介は…

⑤斎藤ルートの成長

斎藤一は忠義者で冷静沈着で無口、一見して氷のように冷たい印象を受ける。 ……かもしれませんかこのCV鳥海浩輔、実はとんだ剣術バカの熱血漢、なおかつ頑固でなにより我が強い!!!!(クソバカ大声)(個人の見解です) ぱっと見はイメージカラー藍色、表…

④藤堂ルートの選択

バッドエンドを見ろ!!!! 失礼 平助と龍之介とはワンコンビ、年が近いことと、藤堂の持ち前の人懐っこさもあって同性の登場キャラの中では初っ端から唯一「龍之介」「平助」と呼び合う仲に。 黎明録は主人公と攻略対象の関係に中々はっきりとした名前が付…

③原田ルートの視野

みんなの兄貴分!原田さーん!!(CV遊佐) ということで個人的に「もっとも話の本筋から遠く、主人公や原田自身が立場などに縛られず個人の幸せを追い求める話」こと原田ルートです。 なんと!あの龍之介に!!お嫁さんが出来る!!!!!さすが!!!!(…

②ノーマルルートのすゝめ

ノーマルルート 適当に選択肢を選んでいくと大抵は斎藤ルートバッドかこのルートに入ります。「ノーマルバッド」と呼ぶ方もいますが、ここではあえて「ノーマルルート」と呼称します。 簡単にいうと、まあ井吹は死にます。いわばこれは打ち切りルート。しか…

①黎明録という作品

薄桜鬼に初めて触れる人、本編だけ触れた人、あるいは黎明録は途中でやめてしまった人。 そういう中でも黎明録に触れてみようかな、と思ってる人が、黎明録に触れてくれたらいいな、と思って書いた文章です。(ネタバレ満載) 黎明録、というのはなんという…

小説を書くのが楽しい

ブログは井吹龍之介の名前についてを最近書いたばかりだと思っていたら5ヶ月近く経ってて笑いました。 11月のゆきさくら第十八章にフォロワーのかーきさんと参加するのですが、つい先日そこで出す新刊の中身を書き終えました。あと明日ちょっと体裁整えて扉…

私の推しの名前について

以下の文章は全て私個人の推測であることを念頭に置いた上でお読みください。 私のツイッターをフォローしている人の大部分は知っているかと思いますが、私の推しは井吹龍之介という名前をしています。 薄桜鬼という乙女ゲームのファンディスク(番外編のよ…

自分の同人誌の表紙の話

なんだかブログをずっと放置しているなとおもったのでつらつらと書いていきます。いま確認したら342日ほど放置してました。 最近薄ミュの原田篇を見てぼんやり前に本として出した「白き空」みたいな感じの無印と黎明録のノーマルルートについての各キャラク…

井吹と山崎の話【前編】

過去の記事を読んでいただけた方はすでにおわかりかと思いますが、土方ルートの井吹と山崎が好きです。本編時間軸だと主にコンビ、+的な意味で好きです。SSLはなんでもいいです。最近は個人的に×の時は崎龍、+の時はやまぶきと呼んでます。なんとなくです…

松本先生と井吹(と千鶴)

「井吹龍之介とあばら家」の続き 井吹はなぜあんなにも長く、傷が癒えた後まであばら家にいたのでしょう。 この点については、単なる一つのシナリオ上の必要性に迫られて、という点にとらわれず(って言ってもシナリオ上の必要性って側面はめっちゃ強いだろ…

"黎明録"が好きということ

試しに一本ブログを書いてみたものの今ひとつスッキリしなかったので、とりあえずスッキリするために自分語りでもしようかと思います。 しかし「黎明録が好き」というだけでは多分なにも伝わりませんので、頑張ってせめて人に伝わる自分語りがしたいと思いま…

井吹龍之介とあばら家について

あばら家と井吹龍之介 自然物と土方ルートのあばら家時代の井吹龍之介が好きです。声を失い命を繋ぐのに必要なものを完全に山崎という外部から与えられるものに依存し、表向きには人として死んだことにされて静かに生きている井吹は、普通の人間よりも植物に…